私は昔から雑貨が大好きで、いつか雑貨屋さんを開きたいと思っていました。大学もそういう意味でためになる芸術大学を選んで進学しました。そこではいろいろなものを自分でデザインしたり、造ったりしてとても勉強になりましたね。 卒業してからは、いったん雑貨関係の会社に就職し、海外への買い付けなどにも同行して勉強しました。買い付けひとつとってもすごく難しく、セレクトの仕方によって在庫がたくさん出てしまうリスクなど、将来のために役立つことがたくさん学べました。 その後5年ほどしてからまずはオンラインショップを立ち上げ、自分が作った雑貨や海外から輸入したものなどをネットで販売していました。実店舗を出すのはコストがかかるので、しばらく軌道に乗るまではネットショップ一本でやってましたね。その後やはり、商品を手にとって見てみたいというファンの方の要望に答えるという意味で、小さな店舗を構えました。今は両方で販売しています。